中学受験は個別指導で
中学受験個別進学塾QLAN
045-902-8070
お問合せ受付時間13:30~21:00(月~土)

算数の点数を伸ばす子のノートの使い方

前回まで、国語の超重要ポイントについてご紹介してきましたが、
今回は算数について書いて参ります。

算数の点数を伸ばす子のノートの使い方、興味ありませんか。

まず、塾での授業のノートをしっかりととることが大切です。

その上で、問題を解くときにどのようにノートを使っていくのかが、
さらに大切なポイントです。

学習に取り組んだ日付、教材名やページ・問題の番号などは
ページの左側に綺麗に並んでいますか?

まずはそういう基本的なところから始めましょう。

さて、算数のノートの使い方でおすすめなのは、
A4判のノートを1ページ3分割(B5判のノートなら2分割)し、
それぞれの部分に1題ずつ書いていくことです。

大切なのはつめて書かずに、広く使うことです。

もったいないと言ってすき間なく使おうとする子、よく見かけます。

でも、そうすることで、整理する力が育たなくなります。
狭いスペース(とくにノートの欄外など)での計算は、字も小さくなり、
筆算でもくり上がりやくり下がりの間違いが目立ちます。

また、広い視野で考えることも難しくなります。

ですから、可能な限り低学年のうちから、丁寧にノートを広く使う練習がおすすめです。

実際、入試問題を見ると、どのように考えてどう解いていくのか、その過程を書かせるものが
増えています。
中学で学習する証明のようなことは必要ありませんが、
線分図や面積図、表などを示し、計算の式を丁寧に書けるようにすることが
求められています。

余白を十分にとってノートを書く練習。
今からでも始めてください。

次回は算数の得意なことそうでない子のノートの書き方の違いについて
ご紹介します。

 

あわせて、中学受験生向けのノートが販売されているという情報がございましたので、
ご紹介します。
「中学受験OKノート」で科目や学年に応じて、塾の教師の話を活かしたノートだそうです。
こちらで詳しく紹介されています。

http://www.nippon-note.co.jp/lp/chuju/

 

さて、QLANでは授業の体験を受け付けております。
来週末からゴールデンウィークでお休みの期間もありますので、
5月からの塾通いを始めようという方はお早めにご相談ください。