【受験個別進学塾クラン】は、<1人ひとりの“私”望校合格>を叶えるあざみ野に教室がある個別指導塾です。中学受験では四谷大塚と同等の指導を個別指導で受講でき、中学受験以外でも公立小中学校の補習や中高一貫校の補習や内部進学、高校受験、大学受験にも対応しています。最新の学校情報や時事問題などの受験情報を揃え、”私”望校合格をサポートします。
受験個別進学塾QLAN(クラン)
045-902-8070
お問合せ受付時間14:00~20:00(月~金)

2018年度入試における時事問題の傾向(国内)

こんにちは!

1人ひとりの“私”望校合格を叶える中学受験個別進学塾QLAN

あざみ野校 教室長の石山です。

 

もうすぐ夏休みも終わりに近づいています。

秋になると多くの学校にて文化祭がおこなわれ、学校ごとに楽しいイベント等も開催されます!

学校の雰囲気を感じ、あなたの“私”望校を見つけるためにも

気になる学校にはどんどん足を運んでみましょう!

 

本日は現時点における、2018年度で問われる可能性のある「時事問題」についてご紹介していきます。まずは【国内】に関する内容についてです。

 

2018年度入試で問われる時事問題とは?

 

 

【国内】

・安倍内閣総理大臣による内閣改造

・東京都築地市場の豊洲移転問題

・世界文化遺産登録(宗像・沖ノ島と関連遺跡群)

・沖縄米軍基地問題(普天間から辺野古への移転など)

・天皇退位問題

2016年の訪日外国人が過去最高の2400万人

・プレミアムフライデーの開始

 

上記の内容などが取り上げられそうですね。

内閣や地方行政に関するものは、教科書の内容とも結びつけやすく、非常に出題されやすいです。また世界文化遺産登録された「宗像・沖ノ島と関連遺跡群」については、地図を用いて場所をきちんと確認しておきたいですね。

それでは、1つ内容をピックアップしてみましょう。

 

2016年の訪日外国人の数が2400万人>

2016年に日本を訪れた海外の方が2400万人を超え、過去最高の人数となりました。この背景には「国際線における格安航空(LCC)の増加⇒旅費の軽減」や「円安の進行」などが考えられます。国、地域別に見たときに訪日する人数が多かったのは、「中国」「韓国」「台湾」「香港」でした。

※ちなみに2016年末における在留外国人(日本に長く滞在する資格を有している人)の数は約238万人(こちらも過去最高の人数)です。国別にみると、中国(約69万人)、韓国(約45万人)、フィリピン(約24万人)、ベトナム(約20万人)、ブラジル(約18万人)の順に多くなっています。

 

時事問題の詳細は日々、変化しています。普段より新聞やニュースから、最近の新しい情報を見つけるようにしていきましょう。また家族の中でも会話の1つに取り上げるなど、興味のあることはどんどん調べ、覚えていきましょう。

「これは!」というトピックが出てきましたら、今後もこちらで取り上げていきます。

 

次回は2018年度入試で出題の可能性がある世界の時事問題について、ご紹介いたします。

 

 

【入塾説明会】

日時:8月26日(土)

時間:10:00~11:00

対象:小1~小6のご家庭

定員:5名様限定

費用:無料

 

お気軽に以下よりお問合せ、ご予約ください。

 

あざみ野の中学受験個別進学塾

あなたの“私”望校を見つけましょう!

 

 

中学受験個別進学塾QLAN あざみ野校

TEL 045-902-8070

13:0019:00 (月曜日~土曜日)