【受験個別進学塾クラン】は、<1人ひとりの“私”望校合格>を叶えるあざみ野に教室がある個別指導塾です。中学受験では四谷大塚と同等の指導を個別指導で受講でき、中学受験以外でも公立小中学校の補習や中高一貫校の補習や内部進学、高校受験、大学受験にも対応しています。最新の学校情報や時事問題などの受験情報を揃え、”私”望校合格をサポートします。
受験個別進学塾QLAN(クラン)
045-902-8070
お問合せ受付時間14:00~20:00(月~金)

2017年度中学入試概況!

こんにちは!

1人ひとりの“私”望校合格を叶える中学受験個別進学塾QLAN

あざみ野校 教室長の石山です。

 

本日は2017年度の中学受験概況について、ご紹介いたします。

 

2017年度中学入試概況

 

 

 

【中学入試をしているお子さまは微増】

2017年度の首都圏中学入試の受験者数は2016年度と比べほぼ横ばい(99.6%)でした。

しかし受験対象となる小学6年生の人口が1.9%減少していたため、こちらを考慮すると実質的には受験者数は増大しています。

また2月1日試験の受験者数も36585人(2016年度)⇒36888人(2017年度)となり、こちらも増加しています。

続いて、以下では学校種別に変化を見ていきましょう。

 

【大学付属校の人気は継続】

大学入試改革を見据え、大学付属校の人気が上昇しています。

2016年度入試では受験性が前年比109.6%と非常に人気となりました。

2017年度入試でも前年比100.5%とまだ人気の傾向は見られます。

大学入試改革の今後の展望により、さらに人気が上がることも十分予測されます。

今後も十分な情報収集が大切になるでしょう。

 

【男子校/女子校の受験生が減少、共学校の人気が上昇】

男子校、女子校ともに2017年度の受験生は減少しました。

一方、共学校では受験生が増加し、前年比103.6%となりました。

ここ数年と同様に、共学校の人気が引き続き上昇している傾向は変わりません。

 

【思考力を問うタイプの入試形式が増加】

2017年度の入試では<総合問題><適性検査>等と題される、今までのタイプとは異なった試験実施が非常に増加しました。

2016年度は2833に対し、2017年度は4565と大きく増加しました。

内容も複数の科目が含まれた問題、グループワーク型の問題など多岐に渡っています。

今後も様々な形式での入試が実施されると予測されます。

もし“私”望校の入試形態の中にお子さまの良さを活かすことができる方式があれば、このような入試方式にも積極的にチャレンジしていくべきでしょう。

 

次回も2017年度入試について、ご紹介していきます。

 

QLANではいつでも学習相談を受け付けております。

以下よりお気軽にお問い合わせください。

 

あざみ野にある中学受験個別進学塾

あなたの“私”望校を見つけましょう!

 

 

中学受験個別進学塾QLAN  あざみ野校

TEL : 045-902-8070 (受付:13:00~20:00)